分割協議の調停・審判

もし分割協議が整わない場合、家庭裁判所に遺産分割の調停・審判を申立てし、裁判所の力を借りて協議をおこなうことになります。
調停は、家庭裁判所に遺産分割協議調停申告書を提出しておこないます。
調停は、裁判官1名と民間から選ばれた2名の調停委員からなる調停委員会で進められ、申立人や相手方の言い分を聞き、双方の意向を整理したうえで、調停案を示しながら紛争の解決にあたります。

さらに、双方が納得しなければ調停は成立せず、その場合は審判手続きに進むことになります。
審判はいわば裁判所の判決に相当するものです。審判に不服の場合は高等裁判所での裁判となります。

 

| 専門手続一覧に戻る |


相続手続支援センター静岡 相続手続 無料相談受付中 フリーダイヤル 0120-39-7840(携帯電話からもつながります。) メールでのご相談はこちらから

相続手続支援センター静岡 かわら版 『終活くらぶ』PDF版