遺言内容の執行

遺言書の内容どおりに実現させる手続、例えば、不動産の登記や財産の引き渡しなどについてそれを行う人を遺言執行人といいますが、遺言書に指定されていればその人が、また、指定がない場合には、家庭裁判書が選任した人がなります。

遺言執行者は、遺言執行に関する権限を有しているため、相続人がその行為を行ったり、妨げたりすることはできません。

受遺者に対して1年以内に「遺留分の減殺(げんさい)請求」を行うことで、これを取り戻すことができます。

 

| 専門手続一覧に戻る |


相続手続支援センター静岡 相続手続 無料相談受付中 フリーダイヤル 0120-39-7840(携帯電話からもつながります。) メールでのご相談はこちらから

相続手続支援センター静岡 かわら版 『終活くらぶ』PDF版