秘密証書遺言

秘密証書遺言とは

秘密証書遺言のメリット

秘密証書遺言のデメリット

よくある質問

秘密証書遺言とは

遺言の内容を秘密にしておきたい場合に作成します。
しかし、遺言があることが分からない場合は書いた内容が実行されないおそれがあります。
そこで、遺言者が作成した遺言があることを誰かに証明してもらいます。
秘密証書遺言は、自分で遺言書を書き、封筒に入れて封印し何が書かれているかを秘密にしたまま、公証人に提出します。
そこで、証人2人立会いのもと公証人に本人のものであることを認めてもらいます。
遺言書であることや日付など必要事項を公証人が封筒に記載します。

秘密証書遺言のメリット

  1. 内容を秘密にしておける

秘密証書遺言のデメリット

  1. 費用がかかる
  2. 公証役場に行かなくてはならない
  3. 手続が複雑
  4. 検認が必要
  5. 紛失するおそれがある(公証役場では預かってもらえない)

よくある質問

はい、できます。

生前にできること TOP


相続手続支援センター静岡 相続手続 無料相談受付中 フリーダイヤル 0120-39-7840(携帯電話からもつながります。) メールでのご相談はこちらから

相続手続支援センター静岡 かわら版 『終活くらぶ』PDF版