遺言相談について

「あなたにめぐり逢えたということ、そして2人で寄り添って生きてきたこと、いろいろな苦労があったけれど、私は幸せだった。(中略)・・・私が、戦後無一文のどん底から、何とか生き延びてこられたのは、あなたという心優しく、聡明な女性にめぐり逢えたからである。ありがとう」

最後は「ありがとう」で締めくくられたこの文章は、一足先に逝った夫が、俳優の沢村貞子さんに宛てた「別れの言葉」でした。

ご自身の人生を振り返って、『これだけは家族に言い残しておきたい』ことがあると思います。最後の教訓・アドバイスは、残された家族にとって、かけがえのないものとなり、強く愛情を感じるものです。しかし、思っているだけであったり、口で言っているだけでは実現は不可能です。よく考え、準備して、書き記しておくことが大切です。それが、『遺言』です。

私共の所へご相談に来られる方のほとんどがこのようにお考えで、これまで手をつけずにおられました。しかし、実は「好きなようにして」と遺族にまかせるより、「これがいい」と書き残してあげた方が、ずっと「遺された者のため」であり「思いやり」があると気づかれる方が多いのです。

無料相談では、あなたの場合、

など遺言に関連する事項を、利害関係のない第三者としてお答えしております。

無料相談は、個別に相談日時を設けて、他の方と重ならないように配慮しております。まずは、お電話で相談日時をご予約ください。なお相談場所については、事務局またはご自宅のどちらかをお選びください。

遺言相談を受けられる方は、問い合わせフォームの「その他」の欄に、遺言相談希望と書いて送信してください。

生前にできること TOP


相続手続支援センター静岡 相続手続 無料相談受付中 フリーダイヤル 0120-39-7840(携帯電話からもつながります。) メールでのご相談はこちらから

相続手続支援センター静岡 かわら版 『終活くらぶ』PDF版